おうし座

 

慎重で穏やかであり、正直で誠実な星座。
嘘や虚栄をはるのを嫌い、恩義を守る誠実な人柄です。
目標に向かいひたむきに頑張ることのできる、努力家でもあります。反面、慎重すぎて行動が遅く、なかなか前に進めない部分も。 頑固にこだわる姿勢を少し崩していくと出世するタイプ。

 

牡牛座の性格の基本にあるのは、牛が食べた物を何度も噛み直すように、繰り返し考えたり、何度もやり直したりしながら、じっくりと物事を推し進めていくという性質です。根気があり、難しい問題にも辛抱強く取り組みます。つらいことに負けない、シンの強い性格ですが、いったんこうと決めると、テコでも変えない頑固な面も持っています。
 どっしりと落ち着いた雰囲気や、のどかな春を思わせる、穏やかで温かい雰囲気を漂わせることが多いでしょう。じっくりものを考えるために、考えたことを実行に移したり、決断を下したりするのに時間がかかります。そのため、腰が重く、優柔不断という印象をあたえることが多いようです。早いスピードで物事をこなさなければならない状況は苦手で、自分のペースを乱されると、頭が混乱してしまうこともあります。
 物事を推し進めるのに時間がかかるのは、失敗を避けようとする慎重さのためです。間違いがないかどうか、ひとつひとつていねいに確認作業をしながら進む、といったところがあります。ていねいにやりたいという思いが強く、おおざっぱな手抜き仕事は、気持ちが悪いのでやりたくないのです。
 安定願望が強いことも、牡牛座の性格の大きな特徴です。大地にしっかりと根を張る大木のように、ゆるぎなく確実に生きていきたいと願うのです。そのために仕事でも生活でも、土台、基礎を大切にします。土台がしっかりしていれば、その上に築くものは、めったなことでは壊れません。そういう信念を持って生きるために、仕事ぶりが堅実で、他人に対しても信頼感を与えやすくなるのです。
 信頼を裏切るまいと努める責任感の強さも、牡牛座の性格の特徴ですが、それも人間関係の土台を大切にしようとする心の表われです。
 普段は、争いを嫌い、不満や腹立ちを抑えようと努めたり、相手に合わせようとしたりしますが、生活をおびやかされたり、信頼を裏切られたりすると、激しい怒りに突き動かされて、猛然と攻撃に転じます。普段の牡牛座が、牧場で草を食べるのどかな牛の姿であるなら、怒りに震えているときの牡牛座は、闘牛場の猛牛です。それほどの激しさを内側に隠し持っているのです。
 人生を安全確実に生きていくために何より必要なのは、お金です。牡牛座は非常に貯蓄能力がありますが、お金を貯め込むのも、安定願望の表われです。ただしお金に執着するあまり、必要な投資ができず、かえって損をする結果になったり、預金通帳ばかり眺めている守銭奴になったりする恐れもあります。
 物欲も強いほうで、いろいろな物を欲しがります。物を大切にし、着古した服を別のものに作り変えるなど、リサイクルにも心をくだきますが、物に振り回される恐れもあります。
 美的感性が発達していることも、この星座の大きな特徴です。大自然の美しさや芸術の美、この世の美しいものに本能的に惹かれていくのです。そのため、堅実で現実的な思考をするわりには、生活の保証されない芸術、芸能の世界に飛び込んでいく人が、意外に少なくありません。
 味覚も発達しており、料理人になったり、相当なグルメだったりする人が多いようです。

《恋愛面、家庭面》
 恋には慎重なほうで、好きになってもなかなか行動を起こしません。相手がどんな人間か見きわめたいと思ったり、ふられることを気に病んだりして、はた目には歯がゆいほど消極的だったりします。深く考えすぎるため、よけいな心配をあれこれしてしまうこともあります。
 実際には何もしなくても、想像だけはどんどんふくらみ、思いつめることもあります。思いが深まるほど、現実に相手を目の前にしたとき、態度がぎこちなくなってしまったりするのです。相手の気を引いたり、うまく接近したりするための作戦を立てるといった器用さは、みじんもありません。
 相手から求められる受け身の恋が多くなりがちですが、つきあい始めると、日を追うごとに情が深まっていきます。誠実に愛し、相手にも誠実さを求めるのです。浮気をしないかわりに、相手の浮気を許さない、激しい一面も持っています。
 恋人を自分のものと思いたがる、所有感覚を持ちやすいのも特徴です。しっかり結びついていたいという気持ちが強いために、恋の破局には深く傷つきやすく、いつまでも立ち直れないこともあります。
 安定願望の強さゆえに、結婚を求める気持ちも強いようです。ただし、当分は仕事一筋でいきたいと決めていたり、男性の場合、家族を養う経済的自信がなかったりすると、なかなか結婚しないこともあります。
 女性は、家事、育児と仕事の両立に悩むこともあります。ひとつひとつのことにこだわりすぎるために、複数のことを切り盛りする場合、うまくいかなくなりがちなのです。手抜きをする、親に手伝ってもらうなど、要領よくさばいていく工夫が大切です。
 男女とも、子供に自分の望みを押しつけがちなところがあります。子供を自分とは別の人格と認め、子供の意思を最優先させることが大切です。女性は、子供に情を注ぎすぎて、なかなか子離れできない場合もあります。
 いわゆる外ヅラがいいタイプで、他人の前ではにこやかでも、家庭では我が強く、強引な態度をとることも少なくないようです。

《仕事、金銭面》
 根気のいる仕事もこつこつやるタイプで、持久力やきちんと仕上げようとするこだわりの強さ、責任感などが、仕事面の大きな長所です。どんな業種についても、努力によって、かなりのレベルに達する可能性があります。
 ただし自分をアピールしたり、ものを売り込んだりする積極性や、器用に他人に接する社交性には乏しい部分があるので、営業、接客面では苦労する場合があるでしょう。自分はだめだと思うと、その思いにとらわれ、よけいうまくいかなくなったりします。無理せず、自分なりのやりかたを工夫することが大切です。
 専門の技術や知識を身につけ、エキスパートをめざすこと、職人的な要素の強い仕事につくこと、美的感性を活かせる職業を選ぶことが、仕事面の成功のポイントです。
 金銭面は財布のヒモがかたく、無駄遣いはしません。子供のころから、しっかり小遣いをためるなど、堅実さが表われます。お金を大切にする性質がマイナスに出れば、ドケチになりますが、プラスに表われれば、賢い買い物をしたり、人を助けるために寄付をするなど、有意義な使い方ができる人になるでしょう。

《健康、体質》
 体質は強いほうで、長時間の労働や運動に耐える、すぐれた持久力を持っています。ただし回復力が意外に弱く、いったん体調を崩すと、なかなか治らなかったりします。寒さに弱く、風邪をひきやすいでしょう。甲状腺の障害にも注意が必要です。
 胃腸は丈夫ですが、美食に走る傾向があるので、糖尿病など成人病に要注意です。甘いものの取り過ぎが病気を引き起こすこともあります。
 腰が重い性格から、運動不足に陥ることもあります。健康維持のために、スポーツや体操を心がけましょう。