6 THE LOVERS 【恋人たち】

6 LOVERS 【恋人たち】

 

 

「私たちは成熟するにつれ

 

 性欲を超えて存在する愛を体験しはじめ

 

 相手のユニークな個性に

 

 敬意を払うようになれるでしょう」

 

 

◆カード解説

 

私たちが愛と呼ぶものは、実際にはかかわることの、

地から空へ届くまでの、スペクトル全体のことです。

もっとも地に根ざしたレベルでは、愛は性的な魅力です。

 

私たちの多くは、そこで行き詰まったままです。

それは、私たちの性欲が、私たち自身の条件づけによって、

あらゆる種類の期待と抑圧の重荷を負わされているからです。

 

実のところ、性愛のもっとも大きな「問題」は、けっして長つづきしないことです。

 

この事実を受け容れてこそ、 私たちは性愛のなんたるかをほんとうに祝うことができます——。 

それが起こっているときは喜んで迎え入れ、起こらなくなったら感謝して別れを告げましょう。

 

そうすれば、成熟するにつれて、私たちは性欲を超えて存在する愛を体験しはじめ、

相手のユニークな個性に敬意を払うことができるようになります。

 

パートナーはしばしば鏡としての役割を果たし、

まだ見たことのない、より深い自己の局面を映し出し、

私たちが全体になるのを支えてくれていることがわかってきます。

 

この愛は、期待や要求にではなく、自由に基づいています。

その翼は、すべてをひとつとして体験する宇宙の愛へ、私たちを高く高く運んでいきます。

 

 

◆OSHOの詩(短縮バージョン)

 

この三つのことに気をつけなければならない。

 

もっとも低い愛はセックス——肉体のもの——そして、愛がもっとも 高く洗練されたものが慈悲。

 

セックスは愛より低く、慈悲は愛より高い。愛はまさにその中間にある。

愛とはなにかを知っている人びとは、ほとんどいない。 

99パーセントの人びとは、不幸なことに、性欲が愛だと思っている——

 

そうではないのだ。

性欲はひじょうに動物的なものだ。

あなたが気づき、油断せず、瞑想的になったら、セックスは愛へと変容することができる。

 

そして、あなたのその瞑想的であることが完全なものに、徹底したものになったら、

愛は慈悲へと変容することができる。

 

セックスは種子、愛は花、慈悲は香りだ。

 

仏陀は慈悲を「愛プラス瞑想」と定義した。

 

あなたの愛が相手を求めるただの欲望ではないとき、

あなたの愛がただの必要なものにすぎないのではないとき、

あなたの愛が分かち合いであるとき、

あなたの愛が乞食の愛ではなく皇帝の愛であるとき、

あなたの愛が見返りになにかを求めているのではなく、

ただ与えるための——与えるという、

純然たる喜びから与えるための準備が整ったとき、

 

そのときに愛に瞑想を加えると、純粋な香りが放たれる。

 

それが慈悲だ。

慈悲こそが最高の現象だ。