11 BREAKTHROUGH 【突破】

11 BREAKTHROUGH 【突破】

 

 

「リスクを冒し

 

 今までの古いパターンや

 

 制限を粉々に打ち砕き

 

 挫折を突破していきましょう」

 

 

◆カード解説

 

このカードでは赤がひときわ目立っていて、

一目で、そのテーマがエネルギー、パワー、

そして強さにあることがわかります。

 

この人物の太陽神経叢(そう) 、

あるいはパワーの中心からは明るい輝きが発せられ、

そのポーズは、はちきれんばかりの力と決断を表わしています。

 

私たちはみな、ときとして、「もう、うんざりだ」というポイントに行き着くことがあります。

 

そのようなときは、自分を縛っている重荷と制限を放り出すために、

なんでもいいから、たとえそれが後になって失敗だったとわかるようなことであっても、

とにかくなにかしなければならないように思えるものです。

 

もしなにもしなければ、おまえの生のエネルギーそのものを窒息させ、

使えなくしてしまうぞ、と脅されるのです。

 

もし今、「もう、たくさんだ」と感じているのであれば、

これまであなたのエネルギーの流れを止めてきた、

古いパターンと制限を粉々に打ち砕いてしまうリスクを冒しましょう。

 

そうすれば、あなたはこの「突破(ブレイクスルー)」によって

生にもたらされるバイタリティーとパワーに驚くことでしょう。

 

 

◆OSHOの詩(短縮バージョン)

 

挫折(ブレイクダウン)を、突破(ブレイクスルー) に変容させることがマスターの役割のすべてだ。

 

挫折(ブレイクダウン)が突破(ブレイクスルー) になるという保証はなにもないのだから、それは最大のリスクだ。

 

それはたしかにそうなる。

だが、こうしたものごとは保証されえない。

あなたの混沌(カオス)は太古の昔からあるひじょうに古いものだ

多くの、多くの生にわたって、あなたは混沌としていた。

 

それには厚みがあり、濃密だ。それ自体がほとんどひとつの宇宙。

だから、あなたが自分の小さな許容力でその中に入って行くと、もちろん、危険なことになる。

 

だが、この危険に直面せずに統合された人など、これまでひとりもいなかった。

 

禅、あるいは瞑想は、あなたがこの混沌、魂の暗夜をバランスを保ちながら、

規律を保ちながら、油断せずに通り抜けるのを助ける技法だ。

 

夜明けは遠くない。

だが、夜明けに行き着く前に、あなたは暗い夜を通り抜けなければならない。

 

そして、夜明けが近づいてくるにつれ、夜はますます暗くなる。