◆六白金星の才能を開花する「金」のストレッチは<コチラ>

 

六白金星

 

六白金星〔天〕父親星

 方位:西北 季節:晩秋 

 

【性格】

◆この星の人は、非常に潔癖な性格で、人に媚び諂(へつら)う事ができません。世事にも疎く、どちらかというと交際ベタなので、自分から人の輪の中へ入っていく事もできません。とても頑固で、他人に指図されたり、自分を屈して他人に従ったりする事を極端に嫌います。そのため目上や上司に逆らう気持ちが強い人が多いようです。また朴訥(ぼくとつ・口下手なこと)で言葉が足りず、口下手です。特に主語が抜けてしまいます。言葉に飾り気もないため、人づき合いが悪く、無愛想なタイプに見られがちです。けれど慈愛の念が深いので、部下や友人、目下の者からは慕われます。

 

◆聡明にして先見の明があります。物事を処理するにあたって、人々の意表をつくような鮮やかな才を見せる事があります。負けず嫌いで運も強いため、事業や結婚など、何に対しても、ある程度以上の成功を手にするでしょう。ですが白の色を生まれ星に持つ人は、自分や周囲に厳しく、自分や周囲に対する理想も高く、何に対しても自分の努力や力量以上の大成功を望んでしまうので、いつも心には不足や不満があり、喜びを感じる事は少ないようです。

 

◆白黒をハッキリつけたいところがあります。損をするのも嫌いなので、時には利欲に目が眩んで、危険に気づかず、思わぬ失敗をする事があります。必要以上の高望みはしないように心がけてください。

 

◆金運は強いのですが、身内や親族、友人の世話のために散財する事も多いでしょう。色情の念も強めですが、人生を誤るほどではありません。もっとも、この星の男性は、家庭や家族を大切に思う割には、その気持ちを伝えるのがヘタクソなので、「自分は愛されていない」と誤解した妻から離婚されるケースが、ままあります。

 

◆この星の人は、尊い君主の徳をそなえています。直観力に優れ、テレパシー的な能力に恵まれます。神仏にも愛され、人々をも魅了するカリスマ性の持ち主です。ですが、中には星の持つ徳に位負けをし、何事に対しても片意地を張って、自分の徳を下げてしまう人もいるようです。

 

◆ヘンクツさと、好みに合わない人や物事を毛嫌いするクセを抑え、気位の高さを抑えて、つとめて快活に、また愛嬌よく人に接すれば、本来は人の心を大いに惹きつける星ゆえに、周囲の支持や信用を得て、立身出世を勝ち取る事ができるでしょう。ただし位の高い星の生まれなので、卑しい言動は、自分の徳を、つまり運気を下げる事にもなります。愚痴や不平不満を言ったり、意地悪な行為などは、しないように注意してください。

 

◆奉仕の精神を持ち、ボランティア活動などをする事と、神社参り、お墓参りが運気アップの鍵です。

◆六白金星の才能を開花する「金」のストレッチは<コチラ>