◆九紫火星の才能を開花する「火」のストレッチは<コチラ>

 

九紫火星

 

九紫火星〔太陽〕女王の星

 方位:南 季節:真夏   

古代から紫は尊い色とされてきたように「天子の星」ともいわれている。そのため、名誉や地位を求める体質が非常に強い。

 

【性格】

◆この星は燃える炎の象意をもっています。炎は熱く、明るく、活発に、赤々と燃え盛るものですが、それは表面だけ。炎の内部へ行くほどに色合いは青く暗くなり、温度も低くなっていきます。ゆえに、この星の人は、外見は活発、陽気、聡明で、非常に頭の切れそうなタイプに見えますが、内面は陰気で心が暗く、案外と愚鈍な考えをする事があります。また派手好きで強情、負けん気の強い人が多いようです。

 

◆意志が強固な割には、軽率で移り気なところがあります。寛容そうで、のんびり屋さんに見えるけれど、じつは内心は短気でせっかち、意外と小心者でもあります。小さな事にもクヨクヨと考え込んでしまう神経質でデリケートな面を持っているのです。

 

◆家など、ひとところに留まるのを嫌い、外出を好むクセがあります。弁才があり交際上手でもあるので、営業や接待業、秘書などの仕事に向いています。ですが、ひどく移り気なところがあるので、いろんな事に熱心にアレコレと手を出しては、すぐに飽きてしまって、途中で放ったらかしにしてしまう事も少なくありません。

 

◆陰気な時には極端に沈み込み、陽気な時には大いにはしゃぎます。芸術家気質で、感情の起伏が非常に激しい情熱的なロマンチストです。また、思い立ったら一瞬でも我慢できずに、大した計画もなく着手してしまったり、『口の障り』ゆえに秘密にしていなければならない事を軽々しく口外してしまったりと、後で後悔する事も多いでしょう。

 

◆自分の性質を反省しない人の中には、怜悧さと弁才にまかせて人を惑わし、災厄の火元となる人もいるようです。

 

◆この星の人は頭領運をもっています。特に女性は、夫に代わって家業を営んだり、寡婦となって家業を盛んにしたりという、いわゆる強い後家運をもっています。つまりは『女主人』『女社長』『女王さま』の星なのです。また、早くから親兄弟、あるいは親しい友人と遠く離れて苦労したり、ひとりぽっちで寂しい晩年を送ったりする人もいるようです。

 

◆自身の教養や弁才に奢(おご)る事なく、移り気を抑えて正直さを心がければ、周囲の人々の人望を得て、華々しくトップに立てるでしょう。才能や才気があるのに、なかなか認められないため、つい不平不満を抱きやすい性質ですが、それを口に出さず、自分の不安に振り回されない事が、運気上昇の鍵です。

◆九紫火星の才能を開花する「火」のストレッチは<コチラ>