◆三碧木星の才能を開花する「木」のストレッチは<コチラ>

 

三碧木星

 

三碧木星〔雷〕直感力。

 方位:東 季節:春 

一番先に陽光を浴びることから非常に成長が早く、 九星の中では四緑木星と並んで、もっとも『早熟』な星。

 

【性格】

◆この星の人は萌え出る若木の性質を持っています。外見も若々しく、性質は陽気で勇気があり、賑やかな事を好みます。難を言えば、やや軽はずみに行動しがちなところがあること。行動が身軽で声も大きく、何事も人に先んじて成そうとするので、どこにいても何をやっても非常に目立ち、華やかな脚光も浴びますが、反面、出しゃばりと取られる事も少なくありません。

 

◆なかなか一ヶ所に落ち着かず、たとえ落ち着いたとしても、手隙になれば、すぐにもその場を離れ、ここかしこと歩き回っては、他の事に口を出して、周囲の人にうるさがられたりもします。

 

◆九星中、一番の癇癪(かんしゃく)持ちです。些細な事にも、ただちに怒り罵(ののし)ります。けれど心が和むのも早く、カッときやすい割には親切です。一晩眠ると喧嘩した事を忘れて親しげに挨拶してきたりします。この星の人に親しい友人が多いのは、その無邪気さと純粋さが愛されるからなのです。

 

◆外見は強そうに見えますが、内心は弱く、比較的、臆病な方です。けれど、ひどく負けず嫌いで、負け惜しみも強いので、たとえば自分の非を覚り、反省や後悔をしたとしても、なかなか素直に謝る事ができません。つまり、いつまでたっても、大人になっても、心の中は三歳の駄々っ子のままなのです。とにかく、いったん口に出した事は、利害に関わらず押し通そうとするところがあります。ただし移り気で飽きっぽいため、取りかかるのも早いけれど、飽きるのも、また早い。いわゆる熱しやすくて冷めやすいタイプ。そのため長期の企画や、計画が必要な仕事には向きません。

 

◆悪意ではないのですが、この星の人は、少し嘘つきなところがあります。その場その場の思いつきや、瞬間的な心の動きで、自分の体裁をよく見せようとするのです。悪意がないぶん底も浅く、すぐにバレてしまうので、後で恨まれたり憎まれたりする事もあるようです。

 

◆厳冬をしのいだ草木の根や葉が、新しい芽を出し、のびのびと若枝を伸ばしていく。この星の人は、早くから世に出て、賑やかで華やかな人生を歩みます。ですが、そのぶん運気は早く尽き、また自分の子供が当てにならず、晩年は困窮する事が多いようです。軽率さと癇癪を抑えて、正直、親切を心がければ、元来は人に愛されやすい性質の持ち主なので、大いに天運を開拓し、幸福な生涯を送る事ができるでしょう。なお、この星の人は、言霊(ことだま)の才があり、口に出した事が実現しやすいので、不満や不幸や不足を口にせずに、願望や希望をたびたび口に出すのが幸運の鍵です。

 

◆睡眠不足は運を損ないます。眠る事で運を上げる星なので、たくさん眠ってください。

 

◆三碧木星の才能を開花する「木」のストレッチは<コチラ>