◆七赤金星の才能を開花する「金」のストレッチは<コチラ>

 

七赤金星

 

七赤金星〔湖〕

 方位:西 季節:秋 

「飲食」「談話」「遊興」、そして「金融」などの象意が、七赤金星の体質として大いに強調されることになる。  

同じ金星でも、六白金星の金は土中から掘り出したばかりの原石とすれば、七赤金星の金は精製し磨き上げられた貴金属という違いがある。

 

【性格】

◆この星の人は、言葉が多く、会話も非常に巧みで、弁舌で世の中を泳ぐ能力を具えています。性質は、とんちがあって快活。世事に長(た)け、機知にも富み、万事において駆け引き上手。外見も柔和で愛嬌があり、朗らか。どこにいても周囲の人気を博します。

 

◆人づきあいもよく、たとえば強情な人を相手にしても、うまく説得する能力を持っています。ドコの誰よりも頑固で頑なな五黄土星、六白金星の人ですら、この星の人の前では仏頂面のままでいられません。岩のようにガンコでヘンクツな心をも、容易に溶かしてしまう愛嬌の持ち主なのです。

 

◆何事もスマートに、実に器用にこなします。涙もろく、人情家であり、まめまめしい世話好きです。また派手な事、賑やかな事を好み、サービス精神も旺盛で、人に喜んでもらえるのが大好き。そのため周囲の人や上司の愛顧を得て、異常に出世が早い人も多いようです。実の親、伴侶の親の老後を看取る星でもあります。

 

◆何かと外見を飾り、大げさに見せたい方なので、とうぜん出費や損失は少なくありません。金銭感覚がルーズな人が多いのも、この星の特徴です。目立ちたがり屋さんでもあるので衣装、持ち物、家具など、派手なものを好みます。食いしん坊なので、飲食に大きなお金をかける人もいます。自分の収入以上に他人に奢ったりもします。また自尊心が強く、内心は高慢で疑い深いところがあるため、根は大変なヤキモチ焼き。当人自身も人気者なので、男女間のトラブルが絶えません。

 

◆九星中、いちばん明るく華やかな雰囲気を持つ芸能、人気、スターの星です。この星の人がいるだけで、その場は明るく楽しく華やかな場に変るでしょう。しかし華やかな外見とは裏腹に、本人は非常に甘えん坊で寂しがり屋さん。常に誰かが側にいないと、淋しくて落ち着きません。しかも、いつも自分が話題の中心にいないと「私、ここにいていいのかな?」と不安になって、急に不機嫌になってしまいます。また、内心も口先も親切ではあるのですが、すぐに気が変わるタチなので、何事も長続きしません。心と行動に裏表があり、信用できない部分もあります。ついつい心にもないウソをついたりするので、当てにならない場合もあるようです。

 

◆外見、どれほど派手で華やかに見えても、この星の人の心は孤独です。自分の子供との縁も薄く、その反動でしょうか、孫や他人の子供をよく可愛がります。自分に冷たい人にばかり尽くすところがあります。けれど、よくしてあげた人ほど、なかなか期待には応えてくれません。誰が自分を一番大切にしてくれるのか、よく考えて、本当に自分を大切にしてくれる身近な人を大事にするよう心がけてください。

 

◆美の神の支配を受ける星でもあります。日頃からお洒落や身嗜みに気を配り、美しく装えば、運勢は開運に向かいます。

◆七赤金星の才能を開花する「金」のストレッチは<コチラ>